姓名判断の運勢相談

姓名判断の運勢相談について

姓名の持つ運気は一生にわたる運の強弱を示しているのだといわれています。

 

姓名判断で、運勢相談をされるさいは、姓名五格の分類から人生の前半運、後半運など二期に分けてみます。

 

あなたの運勢は強運か、弱運か、あるいは中運なのかというぐあいです。

 

姓名判断で運勢相談を受けておられる方のお話では、生年月日では、良い運気の時期であっても、姓名の運気が弱いとその好調期が乱れてしまうのだといわれています。

 

逆に、名前の運が強い人は低調運の時期でも、さしたる障害もなく乗り切っていけるのだとされています。

 

神道では「言霊」という概念があります。言葉には神秘的な力があるとされている考え方です。

 

たとえば、水の結晶を研究していた方が、水に対して、「バカ野郎」と罵ってみると、水の結晶が醜く変化する。

 

「ありがとう」と話しかけてみると水の結晶は美しく変化するというのです。

 

姓名は生涯、私たちについてまわる「言霊」だといえるでしょう。

 

一般的に姓名判断というと姓名の画数を出し、総画、社会運、家庭運、人格、外格をだして、全体運、そして運気をみるわけです。

 

姓名の画数やバランスなどによって、運気をみることになります。