姓名判断と恋愛

姓名判断と恋愛について

姓名判断で恋愛運をみるときには、一般的にいわれていることを真に受けて、男勝りの姓名なので結婚運がよくない。

 

総画をみたらどうやら全体的に運が悪いらしいと思う方もいるようです。

 

姓名判断以外の東洋占星術でも旧来のとらえ方として、エネルギー量が高いと幸運。

 

低いと不幸のように短絡的にみることもありました。

 

天中殺や大殺界は怖い時期だとされることもよくありましたが、ほかの占術では天中殺は怖れることはないといいきっているものもあります。

 

エネルギーが高い時期は、家にこもってエネルギーをほどよく消化していかないと不完全燃焼のようになって心身にとってよくないということもあります。

 

なんでも強ければどうこうなるというわけではなさそうなのです。

 

また、弱ければ運もよくないということもありません。

 

エネルギーが弱いときにはまわりから助けてもらえることで、吉となることもあります。

 

たとえば、赤ちゃんの頃はひとりでは生きていけない時期ですが、まわりから保護されて助けてもらいやすい時期ですね。

 

結論からいえば、よい姓名は仕事運も恋愛、結婚にもよいということです。

 

よい姓名とは画数の吉凶だけではなくバランスのよい姓名です。