姓名判断と金運

姓名判断では、流派によってとらえ方が異なりますが、金運に恵まれる吉画数があるかどうかでみます。

 

画数とはその漢字を組み立てている画(かく)の数のことです。

 

姓名判断においての金運に恵まれる画数は「6・24・32・47」です。

 

あなたの氏名のなかにこの数字があれば金運と財運がよいとみます。

 

大きな財運に縁があり、経済的な安定も期待できるという数字です。

 

姓名判断では、「6」という画数があると、男女とも名誉や地位に縁があるといわれています。

 

名誉や地位には財運がつきものですね。

 

「24」という画数があると、大金運ありとみます。

 

最低でもこつこと小金を積み上げて財産を残すという財運をあげることができるといわれています。

 

「32」という画数があると、一攫千金のチャンスがあるといわれています。

 

宝くじなどにも当たりやすいといえるでしょうが、それだけでなく、さまざまなチャンスをきっちりとつかめる数字です。

 

「47」という画数があると、天の恵みでもたらされる財運がありとみます。

 

期待してもいなかったひょんなことで財産がころがりこんでくることもある数字です。

 

姓名判断では、とくに32の画数が金運の数とみます。