姓名判断は当たるの?

姓名判断は当たるの?

生年月日で人の運勢や性格などを占うのではあれば、冬生まれと夏生まれでは環境のちがいがはっきりしていますから、なんとなく科学的だと思えますが、姓名判断は人の氏名だけで運勢や性格など、さまざまなことがわかるというのですから、ほんとうに当たるの?と思うのがふつうの方の感覚です。

 

たとえば、かんたんに人との相性や縁をみる方法があります。

 

昔、人は生きていた環境を姓にしたといわれています。

 

東洋占星術では、金と木、金と火、木と土、火と水は相克の関係だとみます。

 

金と水、金と土、土と火、土と金、火と木は相生の関係だとみますから、火、土、金、水の相性を姓にあてはめることで相性をみるのです。

 

例にしてみると「林」さんと「水野」さんは相性がよいということです。

 

生年月日もそうですが、ある星の下に生まれたという言葉があります。

 

運命論からいえば、その生年月日の時期に生まれるべくして生まれたのだというお話です。

 

姓名もまた、その生まれるまえから姓名で生きることが定められていたのだともいえるのです。

 

姓名判断は当たるのか?

 

結果のでないものは淘汰されていく世界です。

 

当たるがゆえに今も支持されている占いのだといえるでしょう。